英語の基礎力

英語の基礎力とは?

英語を仕事や会話、読書等で実際に使って行くための土台となるスキルを“基礎力”と定義します。基礎力の構成要素は下記の通りです。

<構成要素>

  • 正しく英語を解釈するための文法及び解析力
  • 直解力: 英語を頭から理解できること
  • ある程度リズムをつけて英語を発声できること
  • 中学・高校レベル(センター試験レベル)の語彙力
  • 中学高校レベルの基礎的な表現を瞬間的にアウトプットできること

TOEICの目安としては800点〜900点かと思います。

机上の学習よりとにかく実際に英語を使うこと(留学、業務での英語等)に重きを置く考えもありますが、基礎力がある人と無い人では同じ時間英語を使用する機会が与えられた場合、英語力の伸び方に差が出ると思います。基礎力がある方の方が吸収が早いですし、伸び代もあると思います。

“基礎力”の習得にどのように時間がかかるか?

学習者のレベルにもよりますが、1000時間から2000時間を要すると思います。また集中して実施した方が良いと思います。私の英語経歴を振り返ると、学生時代に集中して学習に取り組み基礎力をある程度身につけました。

投稿フッター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存